読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

参議院選挙、衆議院選挙の焦点マニュフェスト比較

自民党、公明党、民主党、維新の会、共産党など多くの党が同じような政策を掲げるこの時代、参院選・衆院選の前にはしっかりと各政党のマニュフェストを比較しておく必要があるだろう。

参議院選挙向けに民主と維新が一緒になる意義。

headlines.yahoo.co.jp

 

今年は参議院選挙があるし、なんなら衆議院もあるんじゃないの的なうわさも飛び交う年なので政界は動きが激しくなることは予想できます。

民主と維新の合流もその一つでしょうか。
今の与党が強いので野党は一緒になってがんばろうよ!というのが趣旨かとは思いますが正直あまり期待できる結果にはならなそうな。

まずもって民主は前回与党をせっかく取った時のイメージが悪すぎるので、名前を変えていくことはよいと思います。名前からイメージされる印象は時間が経った今もなお悪い感じがします。

やっていることは悪くない(一部代表の選び方は悪すぎたと思いますが)けど、アナウンスメントや実働部隊である霞が関との付き合いが脆弱すぎて、理想論を唱えて、うまく運営ができなかったように思う。

もう一度自民党という大盆をひっくり返すには、じっくりとパワーをためなくてはなりません。

参議院選挙で言えば、こちらの維新ではなく大阪維新の会が関西でどれだけの影響力を維持できているかが要所です。
住民投票で負けたとはいえ僅差。個人的にはぬるま湯で緩慢に死ぬよりは、変化のある中で活路を見出す政策には共感を覚えます。

ただ大阪維新の会という名前だと他のエリア、特に関東ではあまり票が伸びないような?