読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

参議院選挙、衆議院選挙の焦点マニュフェスト比較

自民党、公明党、民主党、維新の会、共産党など多くの党が同じような政策を掲げるこの時代、参院選・衆院選の前にはしっかりと各政党のマニュフェストを比較しておく必要があるだろう。

2016年参議院選挙はアベノミクスではなくて憲法改正の合意とみている自民党

わたしは憲法改正がいやだという人ではない。
今の時代にあっていないのであれば、しっかりと議論し国民投票をしたうえで変更していけばよいと思う。
ただ、だまし討ちで自分の意図しない内容を含む憲法になるのならば別だ。
やるのなら全国民での議論、国民投票があるべき姿だと思っている。それがなければ軍が暴走して、憲法などを勝手に解釈して戦争を起こした戦時中と変わらない。

ISだって聖典を勝手に解釈しているだけ。そう、解釈によって行動が変わるような内容にしてはいけないし、安全装置は何重にも設置しなければ、今は安全だと思って会見してもこどもや孫の世代に負の遺産となってしまう可能性を残す。
そんな可能性残しちゃだめじゃない?

 

自民党の政策パンフレットはこちら。

https://jimin.ncss.nifty.com/pdf/pamphlet/20160608_pamphlet.pdf

経済、外交一色。
アベノミクス、消費増税延期を問うとしながら、一番右下のテキストにあるように憲法改正にも賛同を得るとしている。

見るべきは派手に書かれているところだけではなく、細かいテキストのところ。
説明してないから、今回はやらないわけではないことが安保法案でわかった。あなたは今の勢いで憲法改正を認めますか?

安保法案の説明もまだうけていないし、憲法改正も国民にはあとから説明としてすすめらて、説明はない可能性しかない。

どういう選挙になるのか。しっかりとみていきましょう。

f:id:manifesto_sangi_election:20160612095223p:plain