読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

参議院選挙、衆議院選挙の焦点マニュフェスト比較

自民党、公明党、民主党、維新の会、共産党など多くの党が同じような政策を掲げるこの時代、参院選・衆院選の前にはしっかりと各政党のマニュフェストを比較しておく必要があるだろう。

”せこい”舛添都知事の辞職。給与返上も退職金返上もなしでよかったね・・・

www.asahi.com

 

退職金も結局はもらうし、条例間に合わないということで都知事続けられないなら給与ももらう。

税金は無駄に50億もかかるけど、100億じゃないだけましか。
法的には問題のないせこい処理からはじまり、説明を全くしない態度で火に油をそそぎ、炎上につぐ炎上で与党も参院選を前にかばいきれなくなり、辞職。

一体何がしたかったんだ・・・
最初から公私混同で経費使ってすいませんでした。私が悪いです。今後は一切やらないし明細も開示する、今まで使ったものはすべて返上(寄付)、給与も半分にします。

とかまでやっていれば続けられたのに。そしたら50億かからなかったのに。

なぜ何も説明しないのか。
それでもいけるとふんでいたのなら随分と余裕があったものだ。
結局は政治家としての資質がないと烙印を押されたわけだから、二度と受かることはないだろうし、イメージ的にタレントにも戻りづらい。

リスクコンサルタントとかを付ければよかったのにと思うけど、きっとコンサルタントにも本当のことは話さないんだろうな。

ということで都知事選が参院選に加わる形となりますが、重みは参院選の方が明らかに大きく、安保や社会保障といった内容は今後の日本を左右するものです。

目の前のえさだけでなく、子供たち孫たちのためになる政治家を一人でも多く選びたいものですね。