読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

参議院選挙、衆議院選挙の焦点マニュフェスト比較

自民党、公明党、民主党、維新の会、共産党など多くの党が同じような政策を掲げるこの時代、参院選・衆院選の前にはしっかりと各政党のマニュフェストを比較しておく必要があるだろう。

2016参議院選挙 おおさか維新の会マニフェスト

マニフェストなのかマニュフェストなのかよくわからなくなってきた。

o-ishin.jp

 

おおさかと付けてしまうと地方政党なイメージ付くから微妙だと思うのですが、維新の会取られたから仕方ないか。

さて、おおさか維新の会も憲法改正派に数えられています。
正直やっていることは橋下さんのときから一貫していて、昔ながらのしがらみ政治や既得権から離れ、国を強くしよう!(中身は本当にどうなるかさておき)というものです。

施策がうまくいくかどうかはやらないとわからない。それは現与党でも同じなので、既得権益を排除して新しい仕組みを作ると言うのは今の日本に希望を持てない人たちには刺さるのではないでしょうか。

特に若い人には刺さってほしいけどどうだろう。

 

憲法改正についてみてみると、発議、国民投票に付するとある。
つまり自民党みたいに勝手に憲法を変えるのではなく、国民投票を通してやろうということだ。

同じ改憲派でも中身を読むと全然違う。

 

また憲法裁判所の設置もうたっていて、このあたりも感覚的には庶民的というかわかりやすいというか政治家然として愚民はついてこい的な思想の感じはしない。

 

さて、週末です。
日本にとってはまぁまぁな分水嶺になると思います。
老いも若きも未来のために投票をしに行きましょう。

投票理由は自分の利益で考えても構いません。投票で意思を表示するということが一番必要なのですから。

ただ、その一票にはまだ生まれていない、さらには17歳以下の投票権を持たない子供たちの未来も抱えている責任を持ちましょう。