読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

参議院選挙、衆議院選挙の焦点マニュフェスト比較

自民党、公明党、民主党、維新の会、共産党など多くの党が同じような政策を掲げるこの時代、参院選・衆院選の前にはしっかりと各政党のマニュフェストを比較しておく必要があるだろう。

2017年都議選のマニュフェストの行方

<千代田区長選・現職圧勝>都議選へ対決回避苦心

毎日新聞 2/6(月) 21:56配信


千代田区長選は現職ということもあり、小池さん応援の石川さんが当選。都連が推した与謝野さんは知名度は馨さんのおかげである程度あるものの小池さんのカラーには当然及ぶべくもなく。

これでいよいよ夏の都議選の行方が小池さん側に傾いていく。
が、選挙ではマニュフェスト重視にならず、小池陣営vs反小池となりそうな気もする。自民党都連がどこまで小池さんと仲良くできるのかは夏までは注目だろう。

結局小池さんも自民党なわけで、小池陣営vs反小池とかに惑わされると政策運営が国から降ってきたときに一気に自民側になる可能性もあるわけで。

2017都議選ではきちんとマニュフェストを比較して臨みたいところだ。
結局みんな当たり障りないことを言いそうな気もするが。