参議院選挙、衆議院選挙の焦点マニュフェスト比較

自民党、公明党、民主党、維新の会、共産党など多くの党が同じような政策を掲げるこの時代、参院選・衆院選の前にはしっかりと各政党のマニュフェストを比較しておく必要があるだろう。

憲法改正発議の総議員3分の2:310を超える与党を信任した有権者

こまごました人を回収された310に届いてもやむなしかと思っていたけど、まさかの自公だけで312(まだ残り4議席あるけど)。

消費税の使い道なんて解散の方便で、安保法案、テロ等準備罪の強引な成立、森友・加計の忖度政治への信任と言ってよかった2017衆院選
結果は安倍政権への信任となった。こうなったらもう入れた人たちは安倍さんたちがどう国を変えようと、その影響が自分たちの子供や孫たちに及ぼうとも責任を持たなくてはならない。

今のところ安倍政権は円安誘導で景気もよくなっている感じに見えるし、外交でも北朝鮮への毅然とした対応など良い部分もたくさんある。
が、政権運営のプロセスはどうみてもだめと思うんだけど。大多数の国民はそうは思わないのだろう。

自民党が勝つにはわかっていたにしても、せめて250程度になっていてほしかった。信任していないと言う意味で。
野党が共闘しないからという理由ももっともだけど、有権者が何も考えずに投票している結果の気もする。考えて、いる、のか?

 

  公示前 17年衆院選  
自民 290 283 -7 -0.2%
希望 57 49 -8 -1.5%
公明 34 29 -5 -0.9%
共産 21 12 -9 -1.8%
立民 15 54 39 8.5%
維新 14 10 -4 -0.8%
社民 2 1 -1 -0.2%
こころ 0 0 0 0.0%
無所属・他 39 23 -16 -3.3%
欠員   3 3 0.6%
残り   4 4 0.9%
---------------------------------------------- 0 0.0%
定数 475 465 -10 0.0%

 

現段階で4議席集計されていないけど、ずっと安倍さんの問題を取り上げたメディア放送があったのに自公で12議席しか減っていないってことは偏向放送なんでしょねw

定数が10減っているので、減るのはしかたない。占有率も減っているけど310以上で信任を得た意味は大きい。
立憲民主がんばったけど、政権批判だけで前向きな議論をしないとまた立場をなくしてしまう。芯を通してなお、国政にからめる活躍を期待したい。希望はもちっとやる気だせ。

 

憲法改正に当たっては恣意的な運用をさせない仕組みづくりをしなければならない。
それさえできるのなら改正はした方がいい。その議論を早く国民に浸透させるような世論誘導が必要ではないだろうか。

性善説で「この法律を悪用する政治家はいない”だろう”」ではなく、「この法律を拡大解釈して悪用する政治家(政権)が将来できる”かもしれない”」という「だろうではなくかもしれない」を念頭に憲法改正議論がなされることを願いたい。

2017年10月忖度解散衆議院選挙の各党1行マニュフェスト、希望・維新とその他。

 希望の党~私たちが目指す「希望の道」

https://kibounotou.jp/policy/

消費税増税凍結して、議員の身を切る改革とユリノミクス原発ゼロ、ダイバーシティな日本に希望をもたらして、憲法改正するよ。

なんだかんだ自民党の臭いがぷんぷん。連立も視野といっていたし。
国政の透明化、情報公開で既得権益しがらみ排除という割には都政を見る限りその方向性は見えない。
野党はもとより党内公認候補をまとめあげられない点などを見ると国政政党としては厳しいか。

自民はいや、共産もいや、民主党には嫌な思い出しかなく、維新てなーに?ていう人には受け皿になるのかもしれない。

12のゼロとかスローガン作ってるけど、思いついた夢を言ってみただけ感が強い。それぞれに実行プロセスを出してもらいたいものだ。

 

日本維新の会~消費増税 凍結!身を切る改革で教育無償化。

https://o-ishin.jp/election/shuin2017/common/pdf/manifest.pdf

税金の使い道を議員、公務員精度の見直しなどから見直し、主に子供の教育にあてて日本をよく改革、憲法改正や安全保障は現実的な用途を絞って議論しよう。

維新は大阪で実績があるように小さな政府を目指して改革を進めるタイプ。大阪も成功続きではなく住民投票で負けたりするものの軸はぶれず、財政規律を重んじて現実を見る姿勢は買いたい。

憲法改正や安保法案などに対する姿勢は与党より明確であいまいさが残らないので恣意的な運用が将来的に起こらずよさそうだ。憲法・安全保障を変えると言う意味では一緒だが内容が全然違う。

ただ共謀罪に賛成などの姿勢は謎が残る。

 

共産党 安倍さん退場、憲法改悪反対、増税せずに大企業から財源を。

→基本的には姿勢はいつもと変わらないのは潔い。が北朝鮮との対話による平和的解決プロセスにはあまり実現性が見えない。

公明党 教育の無償化、増税はするけど軽減税率導入、低年金世代支援など。

→あんまり内容がない。与党だけど左派としての信念を感じられないこともあり、強みの組織票も減りそうな予感。

 

社民、日本のこころ、その他は割愛します。

2017年10月忖度解散衆議院選挙の各党1行マニュフェスト、自民・立民。

自民党~この国を、守り抜く。

https://jimin.ncss.nifty.com/pdf/pamphlet/20171003_pamphlet.pdf

北朝鮮の脅威があるので安定政権である自民党におまかせしてくれれば安心さ、アベノミクス加速させて、消費税の一部は幼児保育・教育の無償化に使って若い人もハッピーで、地方再生もお手の物、そしていよいよみんなに理解をしてもらった上で憲法改正します。

北朝鮮リスクは確かに他の党では心もとない。
アベノミクスは日銀BS痛めて緩和しまくっているからでどの政党でもいい。
消費税の使い道を争点にしてるけど、人気が薄い若い人たちへのポイント稼ぎにしか見えない。が若い人は現金なので効果はある。
地方再生は森友・加計学園みたいなのをこれからもいっぱいってこと?という気がしてくる。
憲法改正は"国民の幅広い理解を得て"というけれど、安保法案もテロ等準備罪も幅広い理解を得ているとは思えず、憲法改正もその程度の理解で押し切るんだろうなぁという感じが強い。

 

立憲民主党~まっとうな政治。

https://cdp-japan.jp/img/common/pamphlet.pdf

アベノミクスに恩恵を感じない人たちの暮らしがよくなる施策を行い、原発ゼロ、LGBTや結婚などを現代社会に沿った形にし、9条は変えず、カジノ反対、沖縄県民に沿った米軍基地を考え、共謀罪を廃止する。

案外まともなことを書いている枝野さんという印象。ただ如何せん民主党に見られると政権運営能力がないのを政権とったときの党首たちが強く印象付けているのでやっぱり微妙。
個人的には「ともに支えあう社会の実現」という曖昧模糊な公約の中身が個々人がとても悩んでいる内容を拾い上げている感じがして票が来そうな感じがした。けど普通そこまでマニュフェスト見ないし、選挙のときはアベノミクス批判なんだろうなぁ。

LGBT差別対策、選択的夫婦別姓、性暴力被害者支援など。

 

明日は希望と維新を予定しております。

冒頭解散は支持せずも希望も信じられず

国民全体で見れば、都議選で乗れなかった反自民の波を国政に展開できるまたとないチャンスであり、心のどこかで前の民主党みたいにならないでよと心配を抱きつつ、あまりにも一党支配な自民党をけん制したいので希望の党に投票したい気もわかる。

 

だが都民からしてみれば小池さんの行動は信用がおけない。
いくら自分が立たなくては国政で勝てないとわかっていてもまだ都政で成果もあげておらず、東京オリンピックまでしっかり船頭としてがんばると見えていた姿勢が半減した。公務の取りやめなどを大きくメディアが扱うようになれば都民の感情は複雑になるだろう。
都民は1300万人。つまり国政に出て10%の票は小池一辺倒に行くわけではないことを示している。

 

安倍自民も臨時国会の冒頭解散(しなかったらおもしろいけど)なんて、どんな理由をこじつけて解散しようとも信頼できない。
なんちゃら学園やらどこぞの獣医学部とかの問題をさらに大きな風呂敷でつつんで見えなくしているだけ。消費税の使い道なんて対して興味もなく、ばらまきを国民に提示すれば票がついてくる(特に子供持つ若い世代にうけるだろう)という考えは、まさに「こじつけ解散」こじつけた理由で子供世代をだまして信任を得たと言うことにしよう解散だ。

 

自民には入れたくない。もう少し拮抗させたい。だが、民進党も合流して大きな野党ができたとしてもその存在意義がよくわからない。反自民の受け皿というだけで果たして投票していいものか。
信頼できる政党がないというものの投票をしないと棄権なわけで。悩ましいですね。特に都民は。

政治資金収支報告書を偽造したら詐欺ですよ。鈴木五輪担当相清鈴会のガソリンの言い分を検証してみた。

 

他で同じような問題があがったのにそのあとからって・・・

どういった管理なんでしょうか。他の政治団体でも当たり前のように行っているかもしれませんが、経費を水増しして税金とってたらそれは詐欺です。

 

ガソリン代の支出額は13年が491万円、14年が382万円、15年が539万円だった。15年1月には1回分の支払いが174万円に上るケースもあった。

同事務所は「岩手県は土地が広く、当時7人が車を1台ずつ使用して各地を回った。1人が1日250~300キロは走っている」と説明した。

 

ふむ。計算してみましょう。

石油情報センターのデータから岩手県の年度別のガソリン平均価格を算出しました。

2013年 155.9円

2014年 162.5円

2015年 136.5円(1月だけだと140.6円)

乗用車であれば最低リッター10km、SUV・ミニバンでも7kmはでるでしょう。相当ポンコツでなければ。(ちなみに政治活動をする人たちはお金持ってる感を出したらやぼなのでエコカーも多いと聞いています。ヴィッツとかのコンパクト。)

 

リッター10キロの車を7人が乗ってガソリンを使ったとして・・・
※こんだけ走るならリッター10より燃費のいい車に乗ってほしい。

ガソリン代から逆算した一人当たりの走行距離。

2013年 491万/155.9×10/7=約44,992km→月間3749km→187.5km/日(20日勤務)
2014年 382万/162.5×10/7=約33,582km→2799km→139.9km/日
2015年 539万/136.5×10/7=約56,410km→4701km→235.0km/日

2015年1月 174万/140.6×10/7=約17,679km→884.0km/日(盛岡市から名古屋市までいける)

 

2015年1月は岩手を何周したのだろうか。
というか平均時速50kmとして、17.7時間運転してる。死ぬ。
何月分かを合算で精算って言いそう。

 

その他は1日3~5時間運転なので行けなくはない。世の営業マンはこんな感じなんでしょうか?8時間の労働時間では絶対に終わらない気がしてかなりのブラック臭がしておりますが・・・

自民党がまた地方議員年金を復活させようとしている件


なんで2011年に廃止された制度に代わるものを作る必要があるのか。

必要ないから廃止されたのに。

 

自治体と折半で厚生年金にしたら、自治体=税金=住民からお金をさらにもらうことになる。議員報酬だけでやっていけないとか言っている議員はやらなければいい。

お金のために議員になりたい人は正直いらない。

 

自民のプロジェクトチームに参加する人の名前を明らかにしてほしいなぁ。

全国都道府県議会議長会総会でも実現してほしい決議を出したとか。本気か?

大阪の松井さんは反対しているというけど、決議に賛成した人の名前を知りたい。

 

山口県議会議長の柳居さんが議長ですが、この賛成決議を選挙の時に地元で話せるのかな。今もお金をもらってますけど、老後が不安なのでさらに保障を厚くしてくださいと。

ありえない。

2017年東京都議選の結果。衆院解散はあるのか?

結果から言えば今やれば惨敗は必須なんでやらないだろうけど、自民党は今後衆院解散まで視野に入れてやっていかなければならない。かなり厳しい戦いだった。

 

2009→2013→2017と行われた東京都議会議員選挙の主だった推移を見てみよう。

自民党38→59→23 23!?惨敗というかもう悲壮感漂う結果。

民進党54→15→5  5!?野党第一党じゃないよね。もういらない気がしてきた。

公明党23→23→23  今回増えたと思いきや変わらずなんですね。自民党と肩を並べて満足!?

共産党8→17→19  共産党もアンチをうまく取り込めている感じ。

都民ファースト0→0→55 完全に持ってった。ここまでとは。これだけあれば公明党がいなくてもある程度はまわる。

 

出口調査の時点から大差の結果が見えていた。

1人区、2人区などで都民ファが勝つことで自民現職がぞくぞくと落選。

ただの人がたくさん生まれた日でしたね。

 

はたして国政を担う自民党はこれをどう受け止めるのか。

国民ファーストの会が結成されるのも間近??

2017東京都議選。都民ファースト圧勝。自民党過去最低?


やっぱりというか、自爆の結果というか、おごりというか。

籠池さんたちが叫ぶのは、いやいや詐欺してたのは君たちだという話だが。。

 

安倍自民党一党独裁が国政を民意を無視している感じがもろに感じられる東京。

どちらかといえば忖度が効きにくい無党派層が多い東京。その結果無党派層がちゃんと投票に行けばこんなものだ。

地方のように何も考えずに組織票だけで勝てる時代ではない。

 

さぁ最終的な結果、明日からの国政への影響はどうなるか見守りたい。

そして都民ファーストは新人も多いのでこれからが本番。しっかりと第一党として自民党からの無駄なヤジにも負けず、スキャンダルとか無駄なことをせずに都政をしっかりと行っていただきたい。

2017年7月都議選の行方。都民ファーストvs自民党

小池さんが知事としての支持率を都議会選挙にも波及させて議席をとれるのか、自民党が意地で1党を守るのか。

 

正直自民党の逆風が半端ない。元からの素行があるから今があるともいえるけどとにかくひどい。

籠池砲にはじまり、加計学園問題。それにまつわる安倍さん、下村さんの信頼度を欠く行動。責任ある立場であるならば見本になるような行動をしてもらいたいものだ。

さらに豊田議員のもはや笑える暴言行動、稲田防衛大臣の違法性満載の発言。

稲田さん誤解があったってそりゃないよ。それで許されるなら何を発言してもいいじゃないか。援護する人たちももう信頼ないわーと思う。

 

わたし的には流行語大賞のTOPを走る「忖度」政治が安倍政権に与えている影響はかなり大きく、他にいないから自民党、安倍さんにまかせているけど信頼度はかなり低くなっている。今支持している人たちはそれこそ忖度政治の規則権益に使っているか、右かのどっちかではないかと思えるほど。

もちろん支持はしていなくても、安倍さん以外にリーダー、国政をまかせられる政党がいないのも事実なのでどれだけ支持率で圧力をかけるか?というのも大切ではある。今は自民公明で過半数を押し切れるのはもう嫌に思いつつあるのが普通じゃないのかなぁ。(野党の政府のいじり方が下手すぎて国会が止まるのはお金の無駄でしかないけど)

 

では、都議会ではどうか。そう、都議会は国政とは違って官僚をもろに動かす必要がない。都庁でことが済むのであれば自民党である必要もない。

 

とはいえ忖度政治の影響度は日本には大きく影響しているはず。さて、都政においてどれほどの忖度が行われているのかがわかる選挙になるでしょうか。

都民ファーストが圧勝なら、忖度は少ないor影響を受けているのは限りなく一部。自民圧勝なら忖度政治ばりばりってところですかね。)

さて選挙にいきましょう。あ、投票率も気になるところですねー

無駄な国会。共謀罪の強行採決。だけどいない代わりのリーダー

以下引用===

安倍晋三首相は19日、前日の通常国会閉会を受けて首相官邸で記者会見した。首相の友人が理事長を務める学校法人「加計(かけ)学園」の問題で政権批判が高まるなか、野党への反論など自らの国会対応を取り上げて「政策論争以外の話を盛り上げてしまった。深く反省する」と語った。「指摘があればその都度、説明責任を果たす」とも述べたが、具体的にどう国民に説明するかは明らかにしなかった。

===引用終わり

 

ほんとにわかってないならバカだけど、わかっていて煙に巻く手法に長けているのが政治家なわけでよくわからないけど説明したようなという気にさせるのが目的ということだろう。

説明責任はいまだに果たせてないし、国民が声を上げなければなんでもやっていいと思っている人という風に見える。安倍さんでこれなら自民党の古い議員は普通に地元ではやり放題でしょうし。

 

安保法案・共謀罪憲法改正と同じで国民議論が必要なものなのに時の政権というだけで押し切れるのが今の日本。

こうなると選挙の信任はすべての法案の信任を与えているという認識を国民が持たなければならない。マニュフェストの小さく書かれている部分、もしくは書かれていないことでもゴリ押しできるからだ。

 

日本にはシャドーキャビネットがないため政権交代に現実味がない。

自民党が一党支配を続ける一番の弊害はそれだろうと思う。官僚とのつながりは政権運営をしないと身につかないものというのは民主党政権を見れば明らかだ。

 

となると政権交代できる野党が必要なわけだけど、国政には今はそれはいない。維新に期待したいところだったが大阪でさえできなかった。

もはや民進党の存在意義はかなりうすく、実現実はないけど好きかって言っている共産党の方が足元の人気があるのでは?と思ってしまう。

 

自民党の中から自民党を変えるというのも嫌いではないけど、今はその気勢もなかろうし、正直地方くらいからもう少し自民外に政治をまかせていきたい。

一党支配の弊害をしっかりと認識して政権運営をしてもらいたいんだけどなぁ。

 

ということで都議会選挙は自民党が最大派閥にならないことを祈りたいと思います。